子育てママの相談室

子育て頑張りすぎていませんか? 赤ちゃんの気持ちに気付いていますか?
子育てママの相談室から助産師・福田純子が 楽しい子育てを応援する小さなエッセイお届けします。
うれしいことも悲しいことも楽しいことも苦しいこともみんな人生の宝物。

ママのこと

肌のお手入れ

5月も半ばになり、日差しが強くなりました。
一年で最も紫外線が強い時期です。
新芽がいっせいに伸び、生命力溢れる季節でもあります。

この時期は芽吹きで体内の代謝が高まります。
体内の毒素が外に排泄されやすくなります。
体がリフレッシュするのですから、本来それは良いことなのですが、
結果的には皮膚のトラブルという形で現れます。
真夏や真冬には何ともないのに、季節の変わり目になると鼻炎の症状や、皮膚のかゆみ、肌荒れなどが出る場合があります。

もともと過敏な体質、一般にはアレルギー体質などといわれますが皮膚が弱っていると、てきめんブツブツ・かさかさして軽い火傷状態になって、水分が不足しかゆみが増し汗でさらに症状が悪化していってしまいます。

そうなると抗炎症剤やステロイドの入った軟膏でないと治らなくなります。
体内の代謝の高まりと、表皮の水分不足が原因なので十分な水分の補給と適度な油分のバランスが必要です。

出生したばかりの赤ちゃんも同様です。
生まれたばかりは、すべすべのきれいな肌ですが、生まれて2~3週間くらい経つと、胎内で蓄積されていた様々な余分なものが湿疹となって出てきます。
赤ちゃん湿疹、脂漏性湿疹、胎毒などと呼ばれます。

時期が出きってしまえば直りますが、悪化させてしまうと膿を持ってしまったり、肌が傷ついてしまいます。
そうなると、やはり薬を使って直さなくてはなりません。

適切なスキンケアがポイントです。
人により肌の状態は異なるので、自分の肌にあったケアをみつけましょう。
できるだけ自然に近い成分のもので、できれば防腐剤や香料の少ないもの赤ちゃんに使うものは、万一なめてしまっても良いものを使いましょう。
様々なメーカーで化粧水やオイル、クリーム、軟膏が出ています。
肌の汚れは大敵ですが、石鹸の使いすぎも肌を乾燥させ弱めます。
日常のスキンケアが基本ですが、悪化しはじめたら、皮膚科で相談して、ステロイドなどのちょっと強めの薬を使っても早い期間でパッと直してあげるほうが得策です。

特に赤ちゃんにはステロイドは・・・と弱い薬をダラダラと長い期間使っている場合もありますが、かえって皮膚を弱くしてしまいます。

皮膚は日々、生まれ変わっていますが、薬は真皮にまで浸透するので表皮はきれいになっても、再生する皮膚が弱いと、いつまで経っても良い皮膚に生まれ変わっていけません。


産後「うつ」について

3月に入り、春の長雨で冷え込む日が続きましたが晴れた日は初夏を思わせる暖かさになりました。
そこここに色とりどりの花々が咲き始めてそよぐ風に春の匂いがして楽しくなりますね。
それでも時々ぐっと冷え込む日があります。

卒業式の日はいつも冷え込んでひざ掛けを持ちながら体育館や講堂の寒さに震えながら我が子の成長に涙したことが
思い出されます。

こんな温度や天気の不安定なときは、自分の体も対応するのに四苦八苦。
まして妊娠中や産後のホルモンバランスの不安定なときは体調を崩しがち。
寝ても寝ても疲れが取れなかったり子供がぐずるとイライラしたり、心身ともに疲れてきやすくなります。

仕事で出かけなければならないと、仕方なく動き出し動いているうちに気持ちが充実してくることもあります。
ところが育児中は、全て自分で日常をコーディネイトしていかなければならずましてや家事はエンドレス。
体調が良いときは、一日を自由に時間配分して家事や育児の合間に
友達と出かけたり、買い物したりとできるのですが少し体調が下り坂になると、全てのことにやる気をなくしてボーとして一日を過ごし、気持ちばかりが焦り、どうにも身動きできない自分をもてあまし自己嫌悪・・・

そんなときは、思い切って外を歩いてみる、友達と話すなどすると気持ちを切り替えていけるのですが、その思い切っての行動ができない状態になって深みにはまってしまうと、自分一人ではどうにもならない「うつ」の状態に陥ってしまいます。

本来、そうしたときに力になって欲しい夫も仕事のストレスで疲れていると
妻の言葉に耳を傾けることができず、妻の変化に気がつかず、力になってくれるとは限らず、一番身近な相談相手のはずが一緒にいながら遠い存在になってしまいます。
 
 
夫婦なのだからわかってよ、という期待があるだけにわかってもらえない辛さは倍増です。

それが、さらに自分の気持ちの落ち込みに拍車をかけてしまいます。
そうなると、何とかしなくちゃという気持ちも失せてしまいます。
子供が泣いているのにどうしていいかわからない、何をしてあげたらいいのか、考えもまとまらない、考えられない、そこまでいくと専門的な治療が必要になってきてしまいます。

産後の「うつ」はたぶんにホルモンの不安定なことが影響しているので
ある一定の時期がすぎれば、通り抜けることができますがその時期に症状が深まってしまうと、ずっと引きずってしまうことがあります。

なんか変かな、と思ったら、まず誰かに自分の思いを聞いてもらうことです。
保健福祉センターの保健師、出産した病院の助産師、新生児訪問してくれた助産師、静岡には心の健康センターもあります。
あなたの気持ちをしっかり受け止めてくれる人を見つけてください。
その相手として、たぶん夫や家族は難しい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
記事検索


QRコード
QRコード

  • ライブドアブログ