赤ちゃんを母乳だけ育てたい・・・それは当たり前のママの気持ち。
だから母乳が出るようになるまではミルクを与えないでと希望するママもいます。
逆に母乳で育てたいけど、母乳が出るようになるまでは適当にミルクを追加して欲しいと希望するママもいます。
どちらのママも赤ちゃんにとって、よりよい選択をしたいと願っています。
どちらが、赤ちゃんにとって、より良いのか・・・
赤ちゃんはママの母乳で育つ権利があります。
なぜなら、母乳には、赤ちゃんが生涯持ち続ける免疫の基礎や適正に育つための栄養が最高の状態で備わっているからです。
赤ちゃんを清潔に、最高の状態で育てる第1条件が母乳だから。
また赤ちゃんはママに大切に育てられる権利がありママには赤ちゃんを大切に育てる義務があります。
赤ちゃんにとって母乳で育てられることは当然のことであるはずですが、なかなか、その当たり前の条件が満たされないことが多々あります。
それは何故でしょう。
赤ちゃんを母乳だけで育てようとするとき、最も重要な要素はママが、あるいはママを取り巻く周りの人たちがどれだけ母乳で育てることが重要であるかを知っているか、ということ。
ママが母乳の重要性を理解していることは大事ですが、ママの頑張りや思いだけでは、思い通りの母乳育児をしていくことは困難なことがあります。
母乳は最初から赤ちゃんの要求を満たせる程に出る訳ではなく赤ちゃんが飲むから出るのであって、その間はちょっとお腹が空いて泣いてばかりだったり、頻回授乳で対応しなければならなかったり、そうするとママが頑張ろうと思っても、周りがワイワイ言い始めます。
 
「そんなに母乳にこだわらなくても・・・・」
「母乳が足りないんだから、ミルクをあげたら・・・?」
「そんなに泣かせたらかわいそう・・・」
母乳で育てるのは当たり前のはずなのに、母乳で育てることが、なんと難しくなってきてしまったのか・・・
ママの味方であるはずの助産師までもが、ママの母乳育児への意欲を削いでしまうような言動をしていることもあり
出産施設の設備的に母児同室や夜間授乳ができなかったり・・・
本来、自然に産まれた赤ちゃんは、お弁当をもって産まれてきますから生後2~3日は母乳が足らなくても大丈夫と常々思ってはいますが
赤やんが産まれてくる条件は個々に異なっているので一概に、どの赤ちゃんも母乳だけで大丈夫とは言えないのが現状です。
予定帝王切開や誘発で予定日より早く産ませてしまったり、早産だったり、赤ちゃんに十分な準備がないまま生まれてくることもあります。
それでも、生まれてきた赤ちゃんは生きるために必死で頑張ります。
そして、ママに優しく抱かれておっぱいを飲みたいと願っています。
母乳で育てたいママの思い、母乳で育ちたい赤ちゃんの思い・・・
ママと赤ちゃんの思いを大切にできる助産師でいたいと思います。