子育てママの相談室

子育て頑張りすぎていませんか? 赤ちゃんの気持ちに気付いていますか?
子育てママの相談室から助産師・福田純子が 楽しい子育てを応援する小さなエッセイお届けします。
うれしいことも悲しいことも楽しいことも苦しいこともみんな人生の宝物。

出産って・・・

出産の予定日は、最終月経から計算して割り出しますが
月経周期は人により異なるので、あくまでも目安です。
最近はエコーで胎児の成長に合わせて予定日を修正することもありますが、
出産予定日に生まれることのほうが珍しく、たいていは出産予定日をはさんで
前後2週間の間に生まれるのがほとんどです。
妊娠37週0日から満期産(正常産)で36週 6日までは早産になります。
赤ちゃんの肺の機能は34週をすぎて出来上がってきます。
赤ちゃんが外の世界で自分の力で生きていくには、脳や肺など、
それなりに成熟していないと困ります。
そのためには37週以前に生まれてくることは極力避けたいものです。

最近は切迫早産で入院する方が増えているようです。
切迫早産とは、呼んで字の如しで、早産が切迫している、ということ。
早産にはなっていないけど、このままいけば早産になってしまう危険性が
非常に高いという医学的な判断がなされた場合をいいます。
助産院や個人病院では入院管理が必要な切迫早産は
万が一を考慮して総合病院に紹介になります。
よって総合病院の産婦人科は切迫早産で点滴や内服で
お腹の張りを止めながら1日でも日にちを稼いで
赤ちゃんが出生したときのリスクを最小限にする治療がなされます。

お腹がよく張る、張ったときに痛い、よく出血する、
エコーで子宮口が開いている、あるいは子宮の入り口(子宮頚管)が短い
などの症状が複数あった場合に安静目的で入院管理を勧められます。
点滴や内服などの治療をしながら、安静にしていれば症状は落ち着いてきます。
母体にも赤ちゃんにも影響が少ないように考慮しながらの治療なので
ゆっくり様子を見ながら状態をみていきます。
その期間はただ寝ているだけの日々で、赤ちゃんのためとはいえ
入院が長くなると気持ちが煮詰まってきてしまいます。
それでも日々気を取り直して、なんとか出産日近くまでになり
長かった切迫早産入院のから開放され出産にいたった喜びと安堵感は
言いようのないほど嬉しいものです。

子供を出産するということは生易しいことではありません。
自分の人生が思いもかけない方向にいくこともあり
思い通りにならないことへの焦りや苛立ちをぐっと心の奥に秘めながら
それでも愛する人の子供を産むために身を削るのですから
子供を出産するって凄いことですね。


母乳育児を始めるにあたって

先週はすっかり入力を忘れました。
忘れっぽいのは今に始まったことではないですが・・・反省!


母乳育児を始めるにあたって・・・

出産までは、出産そのものが大きな目標でしたね。
母児ともに無事に出産できるだろうか、
陣痛には耐えられるのだろうか、
何より、ちゃんと産めるのだろうか・・・などなど。
妊娠中は子供が生まれてからの生活に思いを巡らし
いろいろ準備するのが楽しくもあり、母親教室や
先輩ママの話を聞いて知識を蓄え、自分なりのお産や
子育てをイメージしてきたことと思います。

授乳についても、母乳で育てたいと願う人が圧倒的に多く
母乳育児が母と子の心身に及ぼす様々なメリットを思えば
当然のことと思います。
母乳育児のメリットは知れば知るほど奥が深く、
絶対母乳で育てたいと強く望む方がいるのも頷けます。

ところが、その実際となると人さまざまで
完全母乳育児を目指し妊娠中から乳房の手入れをしっかりしていたから、
さぞかし良いだろうと思っても、実際は赤ちゃんが上手に吸えなかったり、
逆に
何となく産んじゃって何となく母乳出ちゃって・・・という
成り行きに任せっぱなしママもいて、案外赤ちゃんも上手に吸えて・・・
努力と結果は必ずしも一致しないのが現実です。

非情な現実ですが
努力したからといって、必ずしも思い通りの結果になるとは限りません。
だからといって何もしなければ、良い結果を得られないこともあります。
よい結果を望むならそれなりの準備や努力は必要です。
これは母乳育児に限らず、すべてに当てはまる公式です。

「人事を尽くして天命を待つ」ということわざがありますが、
結果は結果として受け入れて、軌道修正しながら進めていきましょう。
あんなに頑張ったのに、どうして?
こんなに頑張っているのに、どうして?
と自分を責めないでください。
ちょっとしたきっかけでうまくいくことがあります。
入院中は自分の思いを助産師に正直に伝えて援助してもらいましょう。

「天命を信じて人事を尽くす」
大丈夫、きっと全てはうまくいくと信じて適当に頑張ってみましょう。
頑張りすぎは息が続かないのでお勧めできません。
ほんのちょっと今いるところから足を前にだしてみましょう。
日々赤ちゃんはものすごいスピードで成長しています。
赤ちゃんの成長の力を信じて、ほんの少し頑張っていきましょう。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
記事検索


QRコード
QRコード

  • ライブドアブログ