子育てママの相談室

子育て頑張りすぎていませんか? 赤ちゃんの気持ちに気付いていますか?
子育てママの相談室から助産師・福田純子が 楽しい子育てを応援する小さなエッセイお届けします。
うれしいことも悲しいことも楽しいことも苦しいこともみんな人生の宝物。

頑張ることについて

母乳で育てる意味

数回前から内容同じでブログも始めていますが、そちらに届いたメール。

母乳育児を進めていくのに、みんな「頑張れ、頑張れ」と言うだけで
具体的な方法や注意点を指導してくれない、
気持ちはあっても、具体的にどう頑張ったらいいかわからない。
気持ちだけでは続かない・・・・

確かにそうですね。
ほとんどの方が、母乳で育てたいと思っています。
でも、その思いの深さは様々です。
なんとなく母乳が良いらしい、できれば母乳でと思っている方もいれば
何が何でも母乳、ミルクは一切与えたくないとこだわっている方もいます。
自分は母乳にこだわっていないのに、周りからなぜ母乳にしないのかといわれたり、
その逆で、別に母乳にこだわらなくてもいいと言われたり・・・
そのいろいろ「周りで言う人たち」は親であったり、友人であったり
病院の医師や助産師、保健センターの保健師といった専門家であったり。

人それぞれに母乳や育児への思い入れが違うので、同じアドバイスでも
励ましになる場合もあれば、負担になる場合もあります。
また、アドバイスする側の考え方も様々ですから
同じ状況でも様々な結果に結びついていきます。

ただ、どういう状況であっても、子供を育てるうえでの基本は
親も子も「幸せを感じられること」です。
子育てしていく上では、面倒なことも、うんざりすることもあるけど、
静かに現状を見つめてみると、やっぱり幸せだなあ、とか楽しいなあと
感じられる子育てでありたいと思います。
ママが子育てを楽しめると子供も嬉しくなりますね。
子供はママが大好きです。
ママが子育てに疲れイライラしてしまうと、子供は、その原因である「自分」の存在を
「大好きなママを苦しめている自分」と否定的に捉えてしまい、
自己肯定感が育ちにくくなります。

子供の体が育つためには適切な栄養が必要ですが、人は体だけの存在ではありません。
心も同時に育っていきます。
母乳は体の栄養でもありますが、心の糧でもあります。
良い母乳であるためには、ママも栄養的にバランスの取れたもので
しっかり体作りがされることが必要です。
心を育てるためには、赤ちゃんが母乳を飲むたびに安心できることが大事です。
ママに抱かれて安心し、美味しい母乳を飲むことで
赤ちゃんの脳の中で成長刺激ホルモンが分泌されて、体も心も成長できます。

母乳であることだけにこだわり、疲れてイライラしながらの授乳や
テレビをみながら、あるいは携帯で電話やメールしながらの授乳は、
心ここにあらずで、赤ちゃんに不安を与えます。
赤ちゃんには

*「安心しながらおっぱいを飲む」ことが何より大切なこと。


母乳育児を啓蒙し、母乳にこだわって欲しいと願う私ですが、
様々な方法をアドバイスしながらも、方法論にこだわって
一番大切なことを見失っては本末転倒。
是非是非、「赤ちゃんが安心できること」から全てを始めましょう。
それでないと何のために頑張るのかわからなくなって
ただただ頑張れのエールのなかで自分自身が疲れてしまいます。

完全母乳でも、混合でも、ミルクでも、
赤ちゃんが心身ともに健やかに育っていることが大切。

日本の粉ミルクは衛生的に作られているし水もきれいなので安心です。
それでも母乳が推奨されるのは「ママのおっぱいを飲む」
という行為が赤ちゃんの脳を刺激し、食欲を育て、
赤ちゃんの唇にふれるママの体温や柔らかな肌の触感が
赤ちゃんの感性に働きかけて、赤ちゃんに安心感を与えるためです。

母乳で育てようと思ったときからの悪戦苦闘の中でのママの思いは
実は赤ちゃん自身がママを育てていること。
他人事みたいで恐縮ですが、大いに悩んで考えて試行錯誤してみてください。
その中で、自分と赤ちゃんのテンポを見つけることが大事なんです。
子育ては、そんなことの連続です。
そのなかで具体的に出てきた質問には的確なアドバイスが受けられるはずです。

きっと周りからの「頑張れ」の中には、そうした思いがあるのだと思います。

マイ助産師をもとう

毎週のメールマガジンと平行してブログも開きました。
内容は同じです。
どちらかに書き込みして意見や質問をいただければ
お答えしていきたいと思います。
数学のように答えがいくつもある場合は
なるべく個々に選択できる様に
いくつかの提案をしていきたいと思っています。

なかには「これしかない」と言う場合もありますが、
どれを選択しても結果に大差はないこともあります。
むしろ答えがひとつのほうが迷わなくていいのかも知れません。

私たち助産師は、ママと赤ちゃんの為に最善を尽くし命を守りたい、という
原点は同じでも、それぞれに様々な人生を背負っているので
当然、ものの見方や考え方、価値観は様々です。

助産師のなかには、いろいろ提案するとママが混乱するので
一方的に「こうしなさい」とやり方を限定し指導する方もいれば
いくつかの選択肢を示し、ママに選んでもらうような指導をする人もいます。
お互いに良く知り、信頼関係が出来ている場合は、
ママの性格や赤ちゃんの様子にあわせた指導ができますが、
一般的にAさんにもBさんにもCさんにも共通に指導するとなると
いくつかの方法を提示して自分に合わせてもらうしかありません。
限定した指導は、ともすれば助産師の思い込みで押し付けになり
ママに大きな精神的な負担を負わせてしまうことがあります。
とはいえ、様々な情報の中から自分に合った方法をチョイスするのも
難しい。自分で選んで良いと思っていても、「それでいいの?」なんていわれると
たちまち自信をなくしてしまう・・・

では、どうすれば良いのでしょう。
私がお勧めしたいのは、是非「マイ助産師」を決めることです。
お産を扱ってくれた助産師でも、新生児訪問にきた助産師でも
産院や相談会で出会った助産師でも
この助産師の考え方や指導が自分には合っていると思う助産師を
是非見つけて欲しいと思います。

できれば妊娠中から出産、産後のこと、育児、更年期にわたる様々な
ステージでずっと関わっていける「マイ助産師」を見つけられたら
とっても心強いと思います。
本来、助産師は地域のなかで、そうした女性の駆け込み寺的な存在でした。
時代が変わり、世の中の流れや需要が変わり、
お産の様子も随分変わってきました。
それでも、女性が子供を産むことには変わりはなく、女性が命の源であり、
賢い母から賢い子が育ち、日本の国を支えていくのですから
やはり、きちんとした子育てが社会の基本なのです。

幸せな子供時代を過ごした人は、素直に人を信じることが出来ます。
人を信じて愛することができる人は、どんな逆境でも踏みとどまることができます。

結婚し社会的にも責任と義務を果たし、夫と一緒に妊娠を喜び、
出産への身体的・精神的・経済的な準備を整え、
生まれた子が元気でも病気でも、どのような子供であっても、
あるがままを受け入れ、守り、食事や身の回りの生活の必要を与え
学校に行かせ、人として命を守ることや、人への思いやりや優しさや
夢を持つことや、夢を実現するために努力することの素晴らしさを教え
両親をモデルに生きることや、愛することを学習し、
やがて愛する人にめぐり合い、巣立っていく・・

そんなライフサイクルの要は、いつの時代も女性でした。
きっと、これからも・・・
子供をきちんと育てることは、
表立って政治を動かしたり、マスコミで活躍することより
はるかに偉大な仕事なのだと思います。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
記事検索


QRコード
QRコード

  • ライブドアブログ