子育てママの相談室

子育て頑張りすぎていませんか? 赤ちゃんの気持ちに気付いていますか?
子育てママの相談室から助産師・福田純子が 楽しい子育てを応援する小さなエッセイお届けします。
うれしいことも悲しいことも楽しいことも苦しいこともみんな人生の宝物。

タバコの話

先ごろテレビで2歳の子供がタバコを吸っている映像が流れたとか・・・
普段あまりテレビを見ないので、残念ながら私は見なかったのですが見た方によれば、多分インドネシアだったかなあとのことでチェーンスモーカーさながらの吸いっぷりに衝撃を受けたとのことでした。

妊娠中のタバコが胎児に及ぼす影響は様々です。
タバコのニコチンが体内で分解解毒されるとき、多くのビタミンCが消費します。
ビタミン類は単体では働かないので、一緒に他のビタミンやミネラル分も消費されてしまいます。

その結果、血液は栄養不足になっていきます。
赤ちゃんは胎盤を通して母体から栄養をもらっています。
もらうべき母体がタバコの影響により栄養不足になっていると胎児に十分な栄養が届かず、胎児は子宮の中で育つことができません。
子宮内発育不全と呼ばれています。

子宮内発育不全の原因はタバコのほかにも、高血圧やむくみ、貧血など母体の健康状態が大きく影響してきます。
週数にくらべ赤ちゃんが小さく、未熟です。
赤ちゃんにとって最良の環境である子宮の中で予定日に一日でも近づくことが赤ちゃんの発育には必要なのですが、タバコはその最良の環境を壊してしまいます。
子宮の中にいては、これ以上育たない、危険だと判断した赤ちゃんは予定日を待たずに早く生まれてきてしまうことがあります。
赤ちゃんにとって子宮が最良の環境であるはずが、そうでなくなったとき赤ちゃんは生まれてくる道を選ぶようです。

母親の不摂生の為に未熟で生まれてきた赤ちゃんは、生まれながらに苦難の始まりになってしまいます。
子宮環境になぞらえた保育器の中で赤ちゃんは頑張ります。

タバコの影響はそれだけではありません。
タバコのニコチンは胎盤を通過するといわれています。
赤ちゃんは生まれながらに低ニコチン中毒になっているのだそうです。
すると本人の意思とは関係なく体がニコチンを求めてタバコを吸いたくなってしまう。
もともと家庭環境に中にタバコがあるわけですから
赤ちゃんが育っていく中でタバコを吸うようになるのは必然です。
そのような事情で喫煙の低年齢化が進んでいるのが現状で子供病院には小中学生の為の禁煙外来があります。
本人の意思とは関係なく体が求めてしまっているので精神論では解決できません。
薬による治療が必要ですが対処が早ければ治療効果も上がりやすいそうです。

妊娠する可能性のある人はタバコはやめましょう。
妊娠がわかったら、その日からタバコはやめましょう。
タバコを吸っていても、赤ちゃんに発育不全がなかったときは奇跡です。
タバコは赤ちゃんの一生を台無しにしてしまうこともあります。

レッツ! 禁煙!


望まれて生まれる赤ちゃん

当たり前のことですがセックスをすると妊娠します。
でも、セックスしても妊娠するとは限りません。
しかし、セックスしないと妊娠はしません。

セックスをして妊娠したくないときは避妊をします。
避妊は望まない妊娠をするために必要です。
無防備に妊娠するはずはないとセックスして妊娠することは多々あります。
一方で、妊娠を望み努力するにも関わらず妊娠しない場合も多々あります。
命の誕生は、人の思惑をはるかに超えた世界です。

人間のセックスは愛を確かめ合う行為です。
日本語では「性交」と書きます。
「性」は心と生き方、「交」は交わる、人間のセックスは心と生き方で交わることです。

本来、相手を大切にする気持ちや、尊敬する気持ち、この人と共に生きて行きたいと思う気持ちの高まりの延長線上に性行為は存在してほしいものです。
そうした気持ちが伴わなくてもセックスはできます。
それは動物の本能のまま、子孫を残すための行為と思えば人もまた次の世代に優秀な遺伝子を残す必要がありますから儀式として、あるいは快楽のはけ口としてのセックスもあるの現実かもしれません。

人は「人間」として人と人の関わりの中で生きています。
秩序をつくり、守る中で社会を形成し安全や安心を手にしてきました。
人は本能や感情といったものの上に知性や理性を積み重ね人間としての行き方を模索し幸福を求めていきています。

人の社会の中では、セックスは愛する人との愛を確かめ合う行為として存在しますが
その延長線上には妊娠し出産し、次の世代の子供を健全に育てるという
大きな役割があります。
それを踏まえて望むときに望む妊娠を計画していくのが「家族計画」です。
自然の成り行きがよい場合もあります。
しかし、自然の成り行きで妊娠したことで自分自身も産まれてくる子供も不幸にしてしまうこともあります。

望まぬ妊娠は決してしないことです。
中絶は心も体も傷つけます。

この人の子供が欲しい、この人と一緒に子供を育てて生きたい、と思える人とだけセックスしましょう。
自分の心も体も生き方も大切にしましょう。
そして、その自分の思いを受け入れてくれる人とだけセックスしましょう。
自分の思いや気持ちを受け入れてくれない人とは、どんなに好きでも
「NO」という勇気を持ちましょう。
成り行きでセックスして性感染症になることも多々あります。
様々なリスクがあることを知りましょう。
今、妊娠してもいいですか?
大切に産んで、育てることができますか?
望まれて生まれなかった子は悲しいです。
望まれて生まれてきたのか、そうでないのか、人は、どんな風に自分が生まれてきたかを一生背負っていくことになります。

産まれてきた赤ちゃんには、生まれてきてくれてありがとう、あなたに出会えて良かったと言ってあげたいですね。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
記事検索


QRコード
QRコード

  • ライブドアブログ